このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

採用ノウハウ 面接の仕方①

採用面接で大切なことは何ですか?

この問いに、多くの人は「相手を見抜くこと」と

お答えになります。

もちろん、相手を見抜くのは大切です。

でも、もっと大切なことがあるんです。

 

もし、あなたが「良い人物だ」と見抜いた人から

「この会社に入りたくない」

と言われたら…

 

見抜いた意味が無くなります。

 

なので、第一に

相手に良い印象を与える面接をする

ことを考えなければなりません。

 

次の点を押さえれば、きっと「貴社に入社したい」

面接を通して候補者のモチベーションがアップすることでしょう。

1.採用は会社の広報・営業活動である

面接をする際、採用の候補者であると同時に、将来の見込み客や取引先になる可能性があること、

更に面接を通しての貴社の印象を周囲の人に話す、口コミ発信者にもなり得ることを意識しましょう。

特に、貴社が落とした人は要注意です、通常は悪い印象を持っていますので。

特に女性は発信力が大きいですよ。

候補者の迎え方、面接での態度、見送り方、それぞれに相手を大切にするという気持ちで

面接にのぞみましょう。

2.面接の位置づけを確認する

人を採用するというのは会社にとって重大事です。

どんな人に入社してもらうかによって、将来の業績が大きく変わるわけですので。

だから採用するにふさわしい人物か見抜くために面接をする。

でも、これは貴社にとっての話。

面接に来ている人にとっても人生の重大事なんですよ。

就職する会社によって自分の人生に影響を及ぼします。

だから、自分が選ぶに相応しい会社かを見抜くこうとするのが面接なんです。

面接は対等の立場で、お互いにマッチングする相手であるか確認する場所、、

そのように面接の位置づけを確認することで、候補者の表情が一気に明るくなります。

3.傾聴と質問のスキル

面接をしている際、相手が答えやすいような雰囲気を作ることが大切です。

今でも、相手のストレス体制を見る為に圧迫面接をするという会社がありますが、

自社の評判を下げかねないだけでなく、話してくれないんです。

高圧的に質問されて、何も言えなくなりますよね。

人物評価も出来ません。

笑顔、あいづちを打つ、相手に関心を持つ、

これらを上手く使いながら進めていくと、きっと印象に残る面接になることでしょう。

何より、自分のことをうれしそうに話してくれますよ。

相手を見抜くのは、この状態で有効な質問をしていくことなんです。

詳しくは面接の仕方②をご覧ください。