問題社員を野放しにしたくない社長の
問題社員対策セミナー
ホンネを言うと、何とかしたい問題社員がいる。
でも、どうやったらいいのかわからない。
そんな問題社員に悩む社長に有効な解決方法をお伝えします。

開催日時:2022年8月29日(月)15:00~16:30

場 所:オンライン(ZOOM)

費 用:無 料

定 員:10社限定

もう問題社員を野放しにしない!
こんな社員に振り回されてませんか?

✅ 同じミスを何度も繰り返す

✅ 上司の言うことを聞かない

✅ チャレンジしない

✅ 成長意欲がない

✅ 営業成績・業務遂行能力が他のスタッフより劣る

✅ 仕事をサボりがち

✅ 他のスタッフをいじめる

✅ 会社の悪口を言いふらす

✅ お客様からのクレームが多い

✅ 何かにつけて、労基に駆け込むぞ!労組をけしかけるぞ!と脅す

問題社員を野放しにすると?

□ 正常な事業運営ができなくなる

□ お客様を失い、会社の利益が減少する

□ まともな社員が辞める

□ うわさが広がり新たな人材が入ってこない

□ 社長や上司の堪忍袋の緒が切れて、大きなトラブルに発展する

この瞬間も組織は蝕まれています!
あなたは我慢し続けますか?
この先、どのような状態になるか想像できますか?

時間の経過とともに、問題社員の行動はエスカレートし、組織に容認されているという環境を作ってしまいます。
この状況は、経営者、部門責任者、人事担当者、上司や同僚などのストレスの原因となります。部下や後輩にとっては、悪いお手本です。
会社がメチャメチャ儲かっていて、社会貢献の一環としてこれらの社員を雇っておきたいのならそれでも良いでしょう。でも…

対策を間違えると、大きなリスクに
正しい方法、リスクを知っていれば怖くありません

問題社員は、取り扱いを間違えると、会社や組織に大きなダメージを与えかねません。
そのリスクを恐れるあまり、手が出せず、野放し状態になり、日々状況が悪化していくのです。でも、合法で適切な対策で臨めば、一切恐れることはありません。

あなたは、どっちの組織を選びますか?
A 問題社員を野放しにしている組織        
B 問題社員の存在を許さない組織         

これらは、あなた一人だけの問題だけではないのです!
あなたは、どちらの組織が正しい組織だと考えますか?

では、あなたはこれから何をすべきでしょうか?

問題社員対策セミナー
8月29日(月)15:00~16:30 10社限定
お申込みいただいた方に、ZOOM URLをお送りします。
このセミナーでお伝えする内容

【第1部】問題社員を採らない、出さない

・なぜ問題社員が現れるのか?

・問題社員が暗躍する組織の特徴

・問題社員を採らない採用方法

・自律型人材を求めると、なぜ問題社員が現れるのか?

・問題社員対策に必須のツールとは?

【第2部】退職勧奨と雇用調整の超実務

1 意外と知られていない解雇ついて!

・日本って解雇が難しい国だと思っていませんか?

・なぜ日本で解雇が進まないのか?

・解雇した従業員から訴訟されるとどうなる?

・外部労働組合(ユニオン)が介入してくると…?

2 解雇リスクを避ける退職勧奨の実務

・知ってますか?解雇と退職勧奨の違い

・退職勧奨でやっていいこと、ダメなこと

・退職勧奨を上手に進める面談の技術

3 退職を勧奨せずに辞めてもらうPIPという秘策

4 退職勧奨面談時に戸惑わないための豆知識

・対象者から面談の内容を録音していいですか?と言われたら

・面談時にどんな飲み物を準備したらいい?

・面談は何人で対応したらいい?

・外部労働組合(ユニオン)の方を同席させてほしいと言われたら?

講師プロフィール
一般社団法人日本Exitマネジメント協会 代表理事
採用実務支援会株式会社 代表取締役
松下 智彦
TOMOHIKO MATSISHATA

1984年、奈良県生まれ。関西大学経済学部卒業。大手専門商社からの転職のために登録した株式会社リクルートエージェンシーに入社。法人の採用コンサルティングを担当し、トップの成績を収める。その後、人材派遣会社の管理者としてキャリアを重ね、2020年1月に起業。「一般社団法人日本EXITマネジメント協会」設立。自ら関係先の問題社員対策に関わり成果をあげると共に、全国の社会保険労務士有志を問題社員対策に強いEXIT(イグジット)マネージャーとして育成している。

著書「退職勧奨と雇用調整の超実務」(労働新聞社)

西野社労士事務所 代表
株式会社チーム力アップ 代表取締役
西野 毅
TAKESHI NISHINO

1988年、近畿大学法学部法律学科を卒業。大手健康食品企業に入社し、経営者(販売代理店)の業績向上支援を担当。20年間で500人以上の業績向上に寄与する。
1997年、独学で社会保険労務士試験に合格。
2007年、調剤薬局運営会社に出向。3期連続で過去最高益を更新。2011年、人事部に異動し、労務管理・就業規則・採用・研修・人事制度構築などで成果を上げる。
2017年、西野社労士事務所を開業。
2021年、株式会社チーム力アップ代表取締役に就任。

著書「小さな会社の求人3つの仕掛け」(Amazon.co.jp)

問題社員対策セミナー
8月29日(月)15:00~16:30 10社限定
お申込みいただいた方に、ZOOM URLをお送りします。
株式会社チーム力アップ/​西野社労士事務所
〒599-8008 大阪府堺市東区日置荘西町7-9-37
​TEL 072-258-8795(mobile 090-7551-3570)