NEWS お知らせ

町工場の人手不足を解決!3ヶ月で2名の若手採用に成功した求人戦略

町工場社長Aさん(40代)は、祖父から続く従業員20名の町工場(金属部品の製造)の3代目社長です。以前は採用に苦労することはありませんでしたが、ここ数年は急激に厳しくなりました。求人広告を出してもほとんど応募がなく、たまに応募があっても高齢者ばかりでした。将来を見据えて、若手の採用と技術の継承が必要だと感じていたAさんは、夜も眠れない日々を送っていました。

しかし、求人広告に工夫を凝らすことで、状況が一変しました。3か月で40名もの応募が殺到し、その中から2名の若手(30代)を採用することに成功しました。この成功体験から得られた知見をもとに、Aさんは町工場の人手不足を解消するための具体策を模索しています。

【電子書籍:無料プレゼント中】
Amazon2部門で1位「小さな会社の求人3つの仕掛け」ダウンロードはこちらから

1.町工場の人手不足をどう克服する?成功への第一歩

日本の町工場は、長年にわたり磨き上げた技術と伝統によって国内外から高い評価を受けています。しかし、現代においてこれらの工場が直面している最大の課題は、深刻化する人手不足の問題です。この問題の解決は、町工場が今後も持続可能な成長を遂げる上で避けて通れない道です。

人手不足の現状とは?町工場が直面する厳しい現実

多くの町工場では、高齢化に伴うベテラン職人の退職と若手人材の不足が深刻な影響を及ぼしています。特に技術や知識を継承する若い世代の確保が難しくなっており、これが町工場の生産性や競争力の低下に直結しています。経験豊富な職人の技術を未来に継承するためにも、この問題に対処する必要があります。

なぜ若手は町工場を避けるのか?3Kの誤解を解く

若手が町工場を避ける一因として、「3K(きつい、汚い、危険)」というイメージがあります。しかし、技術の進化により多くの町工場では作業環境が改善され、より安全でクリーンな職場が実現しています。

町工場では、単なる労働力としてではなく、一人の職人として専門技術を磨くことができる点を若者に伝え、誤解を解くことが重要です。これらの工場が持つ技術や伝統の価値を再認識し、若い世代にその魅力を伝えることで、人手不足の問題に対する解決策を見出すことができるでしょう。

2.町工場における人手不足の深刻度をデータで理解

「少し前までは求人を出したら反応があったのに、最近は全く反応が無い」という経験をしている町工場の社長も多いでしょう。町工場が直面している人手不足の問題の深刻さを理解する一つの方法は、データを見ることです。製造業の有効求人倍率の変遷と若手人材の減少は、特に町工場の経営者や関係者にとって大きな懸念事項となっています。これらのデータは、現在の町工場が直面している厳しい状況を示しており、即座に対策を講じる必要があることを強調しています。

製造業の有効求人倍率の変遷

製造業の有効求人倍率は、過去数年間で顕著な変化を遂げています。この倍率が1を超えるということは、求職者1人に対して求人が1件以上存在する状況を意味し、人手不足の現状を示しています。製造業、特に町工場では、この数値が急速に上昇しており、十分な人材を確保することが難しくなっています。

厚生労働省が発表する有効求人倍率を見ると、2013年の製造業の有効求人倍率は0.72倍。企業の求人1件あたり求職者は0.72人。圧倒的に企業側が有利な状況です。
しかも、当時の職業全体の有効求人倍率は0.82倍なので、製造業は人材を確保しやすい状況であったと言えます。

ところが、その後急激に変化し、2023年製造業の有効求人倍率は1.77倍。企業の求人1件当たりの求職者は1.77人。しかも、職業全体では1.19倍なので、この10年で製造業の人手不足が急激に進んでいることがわかります。

「少し前までは求人を出したら反応があったのに、最近は全く反応が無い」というのは紛れもない事実と言えます。

若手人材の減少とその影響

「技術と伝統を継承するために若手人材を採用したいと考えているものの、応募が来たと思ったら高齢者ばかり」という現象に直面している町工場の社長は少なくありません。若手人材の減少は、町工場にとって深刻な課題です。特に技術や経験が求められる町工場では、若い世代の従業員が不足すると、技術の継承や新しいアイデアの導入が困難になります。
全体の求職者数が減少する中で、若手の減少は特に顕著です。
厚生労働省のデータによると、2024年1月の時点で、29歳までの割合が17.7%、34歳までの割合が26.6%、39歳までの割合が35.5%となっています。

20年前は29歳までが28.7%を占め、39歳までを含めると半数を超えていましたが、2024年では大きく割合が減少しています。

これは、20年前には39歳を若手とは言えなかったのが、今や39歳が相対的に若手と言える状況を示しています。

さらに、製造業の有効求人倍率が2023年には1.77倍に達し、特に人手不足が進んでいることを示しています。さきほどの年代別求職者の割合をもとに換算すると、39歳までの求人倍率は約5倍、29歳までに絞ると約10倍に跳ね上がっており、町工場で若手人材を採用する困難さがデータで鮮明になっています。

3.効果的な求人戦略で町工場の人手不足を解決

全体の求職者数が減少する中で若手の減少が顕著になっていることを踏まえ、町工場が直面する人手不足問題への対策として、効果的な求人戦略を立てることが重要です。ここでは、町工場が若手人材を採用するための基本的な考え方を解説します。

ターゲットを見極める:年齢と経験の柔軟な考え方

若手人材の減少が進む中で、多くの町工場の経営者は従来20代から35歳までの人材を主な採用対象と見なしていました。しかし、現在では雇用年齢が65歳、さらには70歳まで引き上げられるなど、より幅広い年齢層からの採用が可能になっています。

この変化に対応し、ターゲット層を広げることは求人成功への鍵です。たとえば、40代前半でも活躍できるポテンシャルを持つ人材への注目は、町工場における人材不足解消の一助となります。技術や伝統を若い世代へ継承するためには、年齢に柔軟な考え方を取り入れ、25年から30年の長期にわたり貢献できる人材を確保することが重要です。

未経験者も含めた広範な採用へのシフト

未経験者も含めた広範な採用へのシフトは、町工場が直面する人手不足問題に対する有効な解決策の一つです。経験者の採用が理想ではあるものの、実際には経験者のみを対象にすると応募者数が大幅に減少する傾向にあります。

実際、私のこれまでの経験から、たとえ数年の浅い経験であったとしても経験者を求めると応募者が4分の1から5分の1に減少する傾向があり、特に熟練者を採用しようとするとさらに困難が伴います。このような状況を踏まえ、未経験者でも育成可能なことをアピールし、教育制度やキャリアアップの機会を提供することで、幅広い層からの応募を促し、町工場での長期的な活躍を期待することが重要です。

4.町工場における求人の成功事例:3ヶ月で2名の若手採用

製造業、特に町工場での仕事は体力的に厳しく、夏場の暑さの中での労働は特に過酷です。このような環境は、現代の若者の価値観とは異なるかもしれませんが、その中で幸せを見出せる若者は確実に存在します。

成功事例として紹介される町工場では、体力労働に耐えうるだけでなく、町工場ならではの価値を見出せる若手をターゲットにしました。このセクションでは、そのようなターゲットにどのようにアプローチし、どのようなメッセージが効果的だったのかを具体的に解説します。

採用成功のカギ:町工場がターゲットとするのはズバリ!

成功する求人広告は、ターゲット層の心に響くメッセージを持つことが重要です。具体的には、仕事の魅力やキャリアアップの可能性、職場環境の良さを具体的に示し、町工場ならではの強みを前面に出すことがカギです。求人広告においては、仕事のやりがいや成長できる環境を強調することで、特に若手人材の関心を引き、応募へとつなげることができます。

では、町工場の求人でターゲットとするのでしょうか?
製造業は体力的にキツイ仕事。特に夏は暑い中で汗まみれになる。しかも町工場(職業)は大企業や中堅企業の製造部門と比較すると収入は低い。このような実態を考えると「誰が来てくれるのか?」と絶望的な心境になるかもしれません。

3ヶ月で2名の若手採用に成功した町工場では、具体的な業種は差し控えますが、体力を使うサービス業で働いている若手
としました。一般的にサービス業に比べて製造業では技術や専門知識を要することが多いため、収入が高く設定されていたり、福利厚生も手厚い傾向があります。同じ体力を使う仕事なら待遇の良い仕事をして「将来への不安を解消しませんか?」という呼びかけができます。

成功事例から学ぶ:ターゲットに刺さるメッセージの作り方

町工場が若手採用で成功を収めるためには、ターゲットに対して刺さるメッセージを作る必要があります。例えば、求人広告において、実際に働く従業員の声や働きがいについての詳細を共有することで、ポジティブな職場のイメージを構築し、応募者の関心を集めることが可能になります。

3ヶ月で2名の若手採用に成功した町工場では、体力を使うサービス業で働いている若手をターゲットとしました。実際にサービス業からこの町工場に転職してきた社員に、転職活動をしている時の心境をヒアリングすると、リアルな悩みや不安を聞くことが出来ました。特に将来に対して金銭面での悩みが不安は大きいようです。この町工場に転職することでそれらの不安が解消されたというのは、同じ悩みや不安を持つ若い方へ強烈に刺さるメッセージになります。

このようなターゲットに刺さるメッセージに加え、町工場でどのような成長を遂げ、どのような満足感を得ているかを具体的に描写することでより効果的になります。

例えば、「以前のサービス業では想像もつかなかった技術を手に職として身につけ、毎日の仕事に新たなやりがいを感じています。また、この町工場での転職は、将来の安定とキャリアアップのチャンスを提供してくれました」といった具体的な証言を紹介することで、読者に強い共感を呼びます。

5.町工場で働く魅力を伝える新たな求人の形

製造業の良さを改めて理解していただいた方も多いと思います。ですが、同じ製造業ならば一般的に大企業の製造工場の方が、待遇が良い傾向があります。ここでは、大企業にはない町工場での魅力について考えてみましょう。その魅力を最大限に伝えることも、新しい形の求人広告を作る上で重要です。

町工場ならではのキャリアアップと成長の機会

町工場では、従業員一人ひとりが重要な役割を果たし、業務において独自の責任を担います。ここでは、大企業とは異なり、個々の貢献が直接的に評価され、それぞれが「余人に代えがたいオンリーワン」の存在として採用される傾向があります。

大企業では多くの人材が競争する中で埋もれがちな才能も、町工場ではより輝く機会が広がります。この環境において、従業員は多様な業務を経験することができ、短期間で技術や知識を習得し、迅速なキャリアアップを実現することが可能です。成果が直接評価されることで、モチベーションが向上し、個々の成長が加速します。

地域社会への貢献とワークライフバランス

多くの町工場は、地域社会に根ざした活動を行っています。地域に密着した事業展開は、地域経済の活性化や地域コミュニティの発展に直接貢献することになります。この地域貢献の側面から見ると、町工場での仕事は社会に対して価値を提供することができ、その結果、従事者は仕事の意義を強く感じることができます。

特に、町工場が地域社会に与える影響は多岐にわたります。雇用の創出や地域経済の活性化はもちろんのこと、地域の産業振興や地域の特性を活かした製品の開発など、地域全体の発展に寄与します。地域社会に貢献することで、従業員は自らの仕事が社会に与える影響を実感し、やりがいを感じることができます。

また、町工場での働き方は、ワークライフバランスを重視する人々にとっても魅力的です。町工場では一般的に、大企業の工場よりも残業時間が少ない傾向があります。これは、町工場が比較的小規模であり、生産量や業務量が大企業の工場ほど多くないためです。
御社の残業時間が少ないのであれば、家庭や趣味、地域活動など、仕事以外の時間を充実させることが可能である点も有効な魅力となり得ます。さらに、通勤時間が短縮されることで、通勤ストレスを軽減し、生活の質を向上させることができます。このような働き方環境は、従業員のストレスを軽減し、仕事とプライベートの両立をサポートします。

安定した雇用の可能性

町工場の魅力として、安定した雇用の可能性は重要な要素の一つと言えます。特に小規模ながらも経営が安定している町工場では、長期的な雇用の安定が期待できます。家族を持つ予定のある人や将来の計画を考える人にとっては、安定した雇用は重要な要素となります。そのため、町工場の雇用の安定性は、求職者にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

また、町工場では従業員を家族と考える経営者も多く、これまでリストラをしたことがないという会社も多いです。このような経営方針は、従業員に安心感を与え、雇用の安定性を高める要因となります。従って、町工場での雇用は、従業員と経営者との信頼関係が築かれ、安定した雇用の提供が期待されることがあります。

まとめ

町工場が人手不足を解消するためには、効果的な求人広告の作成が不可欠です。成功事例を参考に、ターゲット層に訴求する魅力的なメッセージを作成しましょう。具体的な実績や職場の魅力を伝えることで、応募者の関心を引き付けることが可能です。また、過去の成功事例から得られる知見を活用し、効果的な求人広告の作成方法を模索しましょう。

さらに、作成した求人をもとに、応募者が集まる仕掛けを作るとより効果的です。この町工場も、今回紹介したターゲット設定とメッセージの作り方をもとに求人に仕掛けを作ったことにより、3か月で40名の応募者を集め、その内2名の採用に成功しました。

仕掛けの詳細は、電子書籍「小さな会社の求人:3つの仕掛け」で紹介しています。

Amazonの電子書籍で販売しているのですが、この記事を読んでいただいているあなたに無料でプレゼントします。

この書籍には、トラックドライバー、保育士、看護師、歯科助手、営業、介護職という人手不足が深刻な業種、職種の成功事例が紹介されています。
・社員20名の運送業(トラックドライバー)
・代表1名の行政書士事務所(営業)
・新設の重症心身障がい児童施設(看護師・保育士)
・職員10名の保育園(保育士)
・社員6名の歯科医院(歯科助手)
・社員20名の障がい者自立支援センター(介護職)

その3つの仕掛けとは、電子書籍「小さな会社の求人3つの仕掛け」を無料プレゼント中。
ダウンロードして読んでください。

【電子書籍「小さな会社の求人3つの仕掛け」ダウンロードはこちらから】
Amazon2部門で1位「小さな会社の求人3つの仕掛け」無料プレゼント


【関連記事はこちら】

募集しても人が来ない会社の本質的要因と解決策!御社の人手不足度チェック付き

「ドライバー不足は嘘」と言える理由-運送業の人手不足対策成功事例

お知らせ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

人事・チーム構築・業績アップなど
どんなことでもご相談ください