貴社のチームアップ度診断

 

今回は、あなた(貴社)のチームアップ度診断をしてみましょう。
次の5つ設問をご覧ください。

1 良い人材を確保するために条件(給料)をアップした

2 社員が定着する職場をめざしている

3 労働トラブルを防止するために高価な就業規則を作った

4 自ら考え動く「自律型社員」を育てたい

5 組織力向上のために社員研修をしている

さて、いくつ当てはまりましたでしょうか?

1つ…組織作りをしていく上で、要注意です。

3つ…あなたの頑張りが空回りしている可能性があります。

5つ…何事にも一生懸命。でもこのままではチームアップは難しいです。

2つ、4つの方はそれぞれの中間だと考えてください。
あまり厳密な診断ではないので、笑

では、当てはまるものが無かった…
きっと組織力ゼロではないでしょうか。

引っ掛け問題のようになりましたね。解説をしましょう。

これら5つの設問は、一般的な常識としてよく言われていることです。
なので、これらを実行しているということは、意識が高いと言えます。

ところが、チームアップ(業績がアップする組織作り)のプロからみるとどれも部分最適。
全体最適ではないのです。

誰が言ってるかが重要
具体的にどういうことかは今後取り上げていくとして、
それぞれ誰が言っているかを考えてみましょう。
バックグランドがどんな人なのかを考えることはとても重要です。

1 良い人材を確保するためには、条件(給料)をアップしなければいけませんよ
⇒これは、採用媒体(広告)や人材紹介会社の方が言いそうなことです。

2 社員が定着する職場をめざしましょう
⇒労働局が大きなテーマとして掲げています。あとコミュニケーション、人間関係をテーマにした研修講師やコンサルタントの方ですね。

3 労働トラブルを防止するためには、スペックの高い就業規則が必要です
⇒私たち社会保険労務士です、すみません(笑)

4 自ら考え動く「自律型社員」を育てていかなければいけませんよ
⇒人事コンサルタントや研修会社(講師)なのですが、大半が大企業、それも一流企業出身の方たちです。大企業と中小企業とでは集まる人材も全く違うので育て方も異なります。

5 組織力向上のために社員研修をしている
⇒研修会社(講師)です。

いかがでしょうか。
どれも自分の専門領域や中で、言っていることなんですよね。

でも、餅は餅屋。
例えば「採用は採用のプロの言うことが一番」
と言う方も多いと思います。

たしかに、それぞれの専門領域では成果があがるでしょう。

でも、チームアップ(業績がアップする組織作り)は、大きな流れで考えていくことが大切。部分最適ではなく全体最適での取り組みが不可欠なのです。

今後、具体的にお伝えさせていただきます。

関連記事

  1. 水戸黄門型組織とジャニーズ型組織(組織作りには2つある)

  2. 罰金を取ると遅刻が増える??

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。